社労士資格でしっかり就職を狙え!

就職にも転職にも使える資格!

広く浅く知識を身につけて、難関試験を突破せよ!

社会保険労務士の資格を取得するには、どのような試験を突破しなければならないのでしょうか?
社労士試験は、毎年5万人もの受験生が挑戦し、合格率は10%以下。(平成21年のデータでは7.6%)
国家試験の中でも、かなり難しい試験といえるでしょう。
しかも、試験を受けるために受験資格まで細かく規定されていますので、申し込みをする前にしっかりとチェックしておく必要があります。
それでは、試験の概要をご紹介しましょう。

社会保険労務士試験の概要

●受験資格
主に以下の3つのいずれかに該当していることが条件となっています。詳しくは試験の要項を確認してください。

①大学の一般教養科目修了者、短大・高専の卒業者
②公務員で労働社会保険諸法令の事務に従事した期間が通算して3年以上、または行政事務に3年以上従事したもの、民間企業や労働組合等で労務担当や労働社会保険諸法令の事務に通算3年以上従事した者
③行政書士、司法試験2次試験、税理士試験、弁理士試験、公認会計士試験等の試験に合格し一定の資格を持っている者

●試験科目
8つの法律+関連する一般常識から出題され、全部で8科目となっています。
それぞれの科目について、5肢択一問題と複数の単語の中から正解を選択して穴埋めする選択問題が出題されます。

  • 労働基準法および労働安全衛生法
  • 労働者災害補償保険法
  • 雇用保険法
  • 労働保険の保険料の徴収等に関する法律
  • 健康保険法
  • 国民年金法
  • 厚生年金保険法
  • 労務管理そのほかの労働および社会保険に関する一般常識

●合格基準
合格基準点は毎年異なっていて、以下の二つの条件を満たした人が合格とされます。

平成21年度の合格基準の例

  1. 選択式試験は、総得点25点以上かつ各科目3点以上(ただし、労働基準法および労働安全衛生法、労働者災害補償保険法、厚生年金保険法は2点以上)である者
  2. 択一式試験は、総得点44点以上かつ各科目4点以上である者
試験対策は万全に