社労士資格でしっかり就職を狙え!

就職にも転職にも使える資格!

独立開業して、高収入を狙うのも一手

社会保険労務士のワークスタイルとして、勤務社労士のほかにもうひとつ挙げられるのが、独立して自らの事務所などを立ち上げて仕事をする開業社労士。
前のページでも少しお話しましたが、社内に社労士がいない中小企業は、社会保険などの書類作成や申請手続きを社外の社労士にお願いしなければなりません。そんなときに活躍するのが、開業社労士というわけです。

勤務社労士は、大企業の人事部などで安定した仕事と収入が得られることが最大の魅力ですが、開業社労士は自分の努力次第でサラリーマンとは桁違いの高収入を望むことができる点が魅力です。
社労士の資格を取得すると、就職して安定した生活を選ぶこともできますし、独立して一攫千金を狙うこともできるのです。

開業社労使は、伸び盛りの中小企業などをターゲットに営業をかけ、顧問契約を結ぶことで収入を増やします。従業員が数人の小さい企業は、就業規則などがあやふやになっている場合が多く、そんな点を的確に見抜いて提案すればするだけ仕事が増えていくことになります。

もちろん、独立開業しても、仕事が軌道に乗るまでは安定収入が得られないというリスクが伴います。しかし、社労士の場合は、開業するための初期投資が少なくてすむ、というのがメリットのひとつとして挙げられます。
社労士事務所を開業するために必要とされるのは、パソコンやプリンター、FAXなどの最低限の機器だけ。仕事をするスペースさえあれば、自宅の一室でも開業できてしまいます。自分ひとりで開業するのであれば人件費は必要ありませんし、自宅で開業するのであれば家賃はいりません。
独立開業に伴う金銭的なリスクが、最小限で済むというのは、とても魅力的なことだと思います。

社労士の収入は?